--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月30日 (水) | Edit |
心理学理論と心理的支援3

問題11乳幼児期における発達的変化に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。
1新生児は,養育者や対象物との相互作用の結果,原始反射と呼ばれる身体運動の基本的な能力を獲得する。
2愛着理論においては,乳児に母親が与える食べ物が契機になって愛着が形成されると考えられている。
3乳児期に見られる社会的参照は,新奇な対象に出会ったときに母親など関与者の表情を手掛かりにして,自分の行動を決める現象である。(○)
4幼児期に見られる反抗期は,他者と協調できるようになる自己抑制の発達を背景にして出現する現象である。
5一語発話ができるようになった幼児では,理解できる語よりも表出できる語の方が多いと考えられている。

社会的参照

社会的参照とは他者に情報を求め、みずからの行動を調節する現象。
例えば見知らぬ人に会うなど、どう対処してよいか判断できない状況に置かれた際、他者からの情報を利用し自身の行動を決定することで、「他者への問合せ」とも呼ばれます。
相手から肯定的情報を与えられた場合は刺激に対して肯定的な、否定的情報の場合は刺激に対して否定的な行動をとるとされています。
心理学者が視覚的断崖を用いた実験で乳児においても母親への社会的参照行動をとらえました。
実際には透明の板があるため落ちることはありませんが、視覚的には断崖があるように見える場所で乳児が母親の顔をみて、母親の表情が肯定的であれば乳児は断崖を渡り、否定的であれば渡らないという行動をとります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。