--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月21日 (月) | Edit |
人体の構造と機能及び疾病

問題1 精神の発達とその障害に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1精神遅滞(知的障害)は,3~5歳の幼児期に発症する。
2神経性無食欲症は,思春期から青年期にかけての女性に多い。(○)
3注意欠陥多動性障害(ADHD)は,学童期の女児に多い。
4夜尿症は,小学校入学時点の児童の半数に認められる。
5学習障害(LD)の原因は,不適切な学習環境である。

☆ 一般常識問題ですね。落ち着いて読めば分かります。

問題2 高齢者に多い疾患やその病態に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1高齢者で記憶障害が認められれば,日常生活の自立性の有無にかかわらず認知症と診断される。

☆ 認知症の診断基準には、「DSM-??廚函?ICD10」があります。「記憶力の低下」「認知機能の障害」「生活機能への支障」の3つで評価して認知症を診断します。

2高齢者の睡眠パターンでは,若年者に比べてレム睡眠が増加する。
☆ ノンレム睡眠は一般的にいう深い眠り。脳が休んでいる状態です。レム睡眠は体はぐったりとしているが、脳が活発に動いている状態。眼球が活発に動いて、「夢」をみている事も多くあります。新生児の時はレム睡眠は50%ほどありますが、加齢とともに減少し、高齢者では15%程度になります。

3褥瘡とは,皮膚に発生した創傷が原因となって周辺の組織が壊(え)死に陥った状態をいう。
☆ 褥瘡は同じ所に圧力がかかる事によっておこります。
褥瘡の原因(ウィキペディアより)
褥瘡の原因としては外的因子と内的因子に大別される。
外的因子
外的因子は、外力に対して組織内部に発生する内力としての応力が主たるものである。
身体とベッド等支持面との接触部分にかかる応力は2つに分けて考察される。
組織に垂直に作用する圧力(いわゆる「体圧」)に対して生ずる圧縮応力
組織と支持面の間の摩擦・ずれにより生じる引っ張り応力・剪断応力
内的因子
内的因子は、加齢、低栄養、麻痺、乾皮症などの皮膚の状態等多岐にわたる。
通常行われる検査は、血液像(特に貧血の有無)、血清アルブミン、血中の亜鉛の定量などで、低栄養がある場合はその改善を図るべきである。


4高齢者が脱水状態となると,身体症状だけでなく意識障害などの神経症状をきたすことが多い。(○)
☆ 高齢者の脱水状態の症状は、
1) 舌・口腔内乾燥
2) 皮膚の乾燥、皮膚の弾力性・緊張度低下
3) 血圧低下・頻脈
4) 疲易疲労感、脱力、食欲低下、意欲低下、立ちくらみ
5) 意識障害、意識の鈍化
が挙げられます。高齢者は脱水症状を起こしやすく、自覚症状も少ないので注意が必要です。

5高齢女性の尿失禁の多くは,溢(いつ)流性尿失禁である。
溢(いつ)流性尿失禁は、尿が膀胱に入りきらずに溢れ出てくる尿失禁です。50歳後半の男性に多く見られます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。